3度目の石物狙いは伊豆下田須崎の崎山(崖下)の地磯で

  • 2019.06.02 Sunday
  • 11:07

JUGEMテーマ:磯釣り

 

釣りからの帰宅は、日付が変った頃。

ひとまず釣り道具は車に積みっぱなしにしておいて、今朝になって車から降ろし、片付け。

道具に掛かった潮気を水道水で流している時、裏の林からカッコウの鳴き声が!!

 

夏が来たー!

 

これから暫く、カッコウの鳴き声で目覚めることができる。

ちょっと嬉しい。プチ贅沢ー。

 

昨日は、石物狙いで伊豆下田須崎の崎山(崖下)へ出かけた。

先週に引き続き碓井さんが参戦してくれた。

 

で、結果は一度のアタリもないままボ・ウ・ズ・・・

 

 

金曜の夜、22時に自宅を出発。明日はいつも通り遅い歩き出しだからゆっくりでいいんだ。

 

出発直前にあおき釣具店に電話しガンガゼ予約を入れようとすると、今日は入荷していないという返事が。

なんとっ!

もしかすると釣りの対象を変更せざるを得ないのかと半ば諦め、それでもと宇佐美の山哲へ電話すると、あるという返事。

ほっとした。

 

自宅を出発し、途中、碓井さんをピックアップ。伊豆へ。

 

宇佐美の山哲でガンガゼを20個買い求め、更に南下。

2時少し過ぎになって以前にも車中泊したことがある下田の街へ入る手前のパーキングエリアに到着。ここで車中泊。

 

朝は8時の目覚ましで起き出し、須崎港へ向かう。

 

須崎港最奥の駐車スペースに車を止め、ひとまず爪木崎へ繋がる遊歩道を少し進んだところから、これから降りる予定の崎山の地磯の様子見。

 

渡船で釣り師が上がっていたとしても14時か15時には上がっていくはずだし、二人程度までなら予定通り行くし、もし三人以上なら転戦するつもりだったが、幸い、今日は釣り師は上がっていない。

 

ホッとした気持ちで車に戻り、まずは朝食だ。

今朝のメニューは鶏肉のソテー。

 

いつもの通りたっぷり頂く。

 

 

今日は碓井さんが同行してくれるからハンマードリルも持っていく。

ピトン孔の状態、位置が悪いようなら開け直すつもりだ(結局、多くの状態のいいピトン孔があちこちにあって、折角持ち込んだがドリルの出番はなかった。)。

 

 

今日のガンガゼはこれまでの2回の時と比べて幾分大きい。

夏に近づくにつれ大きくなっていくんだろうな(過去2回では1個130円、今回は150円)。

 

20個買ってきた。

車歩き出しは10時丁度。

 

 

崎山(崖下)へのアプローチは今日で3回目。

一度は下見で出かけ、2度目はカゴ釣りで。

 

3回目となる今日も相変わらずイノシシがあちこち掘り返した跡が残っている。

夜釣りは計画しない方がいいんだろうか・・・

 

この遊歩道、磯に降りていくというより、エレベーションを上げて行くって感が強いアプローチ。

 

 

 

大汗をかかされ下降点に到着。

祠の横の木にロープをFIXして下降。

 

 

入磯は10時30分丁度。

風は東の風が少しある程度。

波は、ほとんど無いに等しく、最高のコンディション。

 

石物仕掛けは作ってきていること、また仕掛け自体がシンプルだから準備はすっごく簡単。

糸の結束は道糸と瀬ズレワイヤーを結ぶ1か所だけ。

この日は一度も根掛かりがなく、入磯してから脱磯まで最初の1度結んだだけだった。

 

ガンガゼの棘切りは碓井さんが請け負ってくれる。

 

投げ込んだらアタリを待つだけ・・・待つだけ・・・待つだけ・・・・

 

そもそも石物釣りを始めることになったきっかけはここから。

 

昨年の11月にカゴ釣りでこの磯を訪ねた。

その時、渡船で入っておいでの二人の釣り師の一人が石物狙い。

で、狙い通りイシガキダイを釣られたが、その魚を目の当たりにしたとき体形の良さに驚かされた。

平たい魚と勝手に思い込んでいたが、実は筋肉質。

そのマッチョぶりを目にしたとき、いつかこの釣りを始めるんだろうなって予感した。

 

で、いつまでもアタリがない。

 

 

自然、お茶の回数が増える。

 

 

気温上昇の予報ながら吹く風は爽やか。

日向でも心地いい。

で、だから碓井さんは昼寝に走る。

 

 

爪木崎側の赤根の地磯の方を見ると、時々、赤根の遊歩道に観光目的かハイク目的か人が見える。

 

 

17時半。

まだ、ガンガゼは6個も残っているが納竿にする。

 

結局、今回も、一度もあのガン、ガンっていうアタリは見ることなく終わった。

帰りましょう。

温泉に走りましょう。外反母趾、痛むのに付き合ってくださって、ありがとうございました。

感謝!!

 

 

 

伊豆下田
1日(土曜日)の潮
中潮 月齢27.2日
干潮 10:08 22cm
満潮 16:49 153cm
干潮 22:18 80cm

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM