伊東港白灯堤防でまったり夜釣りから未明のカマス

  • 2018.09.30 Sunday
  • 11:33

JUGEMテーマ:堤防

 

大型台風24号の動きが微妙で、どうしようか悩まされたこの週末。

金曜。お昼に出かけた時に歩道橋から眺める空は快晴。

台風接近の兆しは皆無で、だから海釣りにいざなわれる・・って、どんな天気でも、いつだって伊豆の海は僕を呼んでるんだけど。

 

 

しかし、こんな気象状況でいつものマイ地磯「スズメ」に上がると、少しでも風が強まれば台風の影響か?とか、雨が強くなれば、このまま土砂降りになるんだろうかとか、波が高くなれば、そろそろ磯から上がった方がいいんだろうかとか・・ドキドキして、心穏やかでなくなる。

 

だから、今回は堤防でまったり釣ることにして、まだ行ったことがない伊東港の白灯堤防に出かけた。

 

途中、いつものあおき釣り具店で撒餌作り。

 

若社長は僕が撒餌を作ってる間、話し相手になってくれ、週末ごとに雨だからオキアミが売れないこと、イカがそろそろだということ、海が変、だということなんか話してる。

 

伊東港には零時少し過ぎに到着。

白灯堤防先端にはヘチ釣りで根魚釣りをしておいでの方が一人と、エギングをしておいでの方が一人だけ。

意外に少ない。

風は東よりで、少し強め程度。

 

直ぐに先端左の低い側でフカセ釣りを開始。

 

初めてだし深さも不明だから、適当なウキ下で始めると、ウキ下を取り過ぎたんだろう、すぐにメバルが釣れた。

この時期にメバル!

赤いメバルで、ちょうど煮つけサイズ。

 

その後、大きいのが掛かるが、ハリスが2.5号だったことでハリス切れで惜しくもバラシ。

姿を確認できないままのハリス切れで残念。

 

その後、ネンブツダイだらけになり、この時点でプチカゴ釣りに移行。

20mくらい沖にキャストするとすぐに25僂らいのサバが掛かる。

 

いい感じって、一気に気持ちが昂ぶるが、またしてもネンブツダイ。

 

一段高い位置に上がって、あちこち流してもネンブツダイ。

基本、この時期のナイトは美味しい魚はほとんど獲れないってことだろうか・・・。

 

 

3時を過ぎる頃から、ぽつぽつ釣り人が増える。

何が目的かと問うと、カマスとのこと。

やはり!

 

夜明けが勝負らしいのだが、どんどん人が増えていく。

隣の釣り師に堤防外側がいいのか(外側と言っても新井堤防が外側にあるから厳密には外って感じではないが・・)内がいいかを問うと、先々週は外が良かったが、今の状況を見ると内側に釣り人が多い。もしかすると先週あたりから内側になったのかなーってつぶやきが。

僕はだから先端の位置に立って時合を待つ。

 

薄明るくなる頃、突然時合が!!

 

最初に釣ったのは外側に向かって投げていた釣り師で、その後、内外、先端でも釣り上げていく。

僕は、青物のジグしか持ってきていないことからフックが大きく、なかなかヒットしない。40gのメタルジグはあるがフックデカ過ぎ。

 

 

 

表層近くをただ巻きで巻いてくるとサーフェースでチェイスしてくるのが丸見えで、結構エキサイティング。

バシュッ、バシュッて音が聞こえてくるように錯覚する。

 

そんな地合いは思ったより短く、30分程度で終わった。

この短い時間で、僕はなんとかカマス4匹を収穫。

タックルは一考しなくては。

 

時合が済んだ後は、なしのつぶて。

あれだけいた釣り師も一人、また一人と帰っていく。

 

堤防の先端では釣ったカマスで4人グループの泳がせが始まる。

だけど、釣れないようだ。

 

堤防先端から少し離れた外側でカゴ釣りを始めた方のタックルがちょっと目を離したすきに海に持ってかれた。

アジを目的にライトな仕掛けだからと油断したとおっしゃっていたが、想定外のヒラソーダがかかり、一気にロッドを持っていかれた。

幸い、ロッドが沈まなかったことで隣でジギングをしていた方と一緒にルアーでひっかけ、回収することができた。喜ばしいことに40僂離劵薀宗璽世癲!

 

その後、僕は新井堤防に移動し、8時頃から堤防先端でフカセを再開。

 

しかし、相変わらずのネンブツ地獄。

で、その後、びっくりするくらいのエサ取りが。

 

撒餌をするとナブラのように海水面に小魚が暴れ、だけど姿がよく見えないから、少しずつ手前寄りに撒餌位置を持ってくると、海中に黒い塊が確認できるくらいの小魚が!

だけど種類は特定できない。形状としてはイワシだとか小鯖ではなく平たいメジナの形状のように見える。もしかするとメジナの子供か?でもメジナだったらどんなに小さくてもハリ掛かりするはずだけど、全くハリに掛からない。スズメダイだろうか・・?

 

あちこちで撒餌しても、小魚ナブラが発生するようになり、全く釣りにならない。

 

だから9時前には納竿。

 

結局、完徹の一晩だったが、あっという間だった。

 

 

来週はエギングかなー・・・。

 

この釣行時の伊東港の潮

2018年9月29日(土曜)

中潮(月齢19.4)

干潮  0:50( 40cm

満潮  7:15(153cm)

干潮 12:56( 79cm

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 鳥甲山 この山、登るより眺める方がいいかな? 
    管理人 (08/18)
  • 鳥甲山 この山、登るより眺める方がいいかな? 
    ウスイ (08/18)
  •  百名山中最難関?平ケ岳はきつかった
    管理人 (08/13)
  •  百名山中最難関?平ケ岳はきつかった
    ウスイ (08/13)
  • 標高差だけでは推し量れない しんどかった白砂山
    管理人 (08/05)
  • 標高差だけでは推し量れない しんどかった白砂山
    ウスイ (08/04)
  • 奥多摩御岳山でお汁粉 やはり汁粉は「文明堂の懐中しるこ」に限る
    管理人 (07/16)
  • 奥多摩御岳山でお汁粉 やはり汁粉は「文明堂の懐中しるこ」に限る
    ウスイ (07/15)
  • 高水三山とランナウト
    管理人 (07/07)
  • 高水三山とランナウト
    ウスイ (07/07)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM