釣れない富戸のスズメでフカセ釣り

  • 2019.05.19 Sunday
  • 11:47

JUGEMテーマ:磯釣り

 

ここ数週間・・というか、今年はぱっとした釣果が得られていない。

 

今週末はホーム磯の伊豆富戸のスズメ島に午後遅くに上がり、21時までフカセ釣りをした。

結果はカワハギ1枚だけのスーパー貧果。

ボウズにならなかっただけよかったが・・・・・一体全体・・・

 

 

夜釣るつもりだから、自宅の出発は土曜の朝になってから。

自宅を朝7時過ぎに出発。

覚悟していた石橋インターの合流渋滞、湯河原市内の渋滞はそれほどではなく、意外に順調にアプローチ。

夜釣りの場合のスタンダードタクティクスは伊東のステーキガストで馬鹿食い。これで夜に備える。

 

満腹になったから・・というより前夜、録りためたドラマを遅くまで観たため就寝が遅くなり、そんなだから富戸直前になって睡魔に襲われる。

急ぐこともないし、富戸のお寺の駐車場でちょっと寝るつもりが1時間半熟睡。

 

いつもの駐車スペースに下りていくと釣り師の車が5台!長根は盛況のようだ。

ゆっくり準備し、車出発が15時。

 

今日は月齢13.2の大潮で、満潮時間は17時頃。

 

この時間、予報では南東の風が4m/s、波の高さは2mから2.5mとなっている。

で、スズメまでのアプローチでは波が通るところはきっちりと通っていて、タイミングを見計らって通過。スズメ島に上がるところには波が上がってくるからカムで背負子を固定し、ひとまずロッドだけを持って上がり、ロープをFIXし、荷を背負って登り返し。

 

スズメの上から釣り座を見下ろすと、ここでも波が通るところは約束通り波が通り、今日は結構、真剣な釣りになりそう。

 

風はひどいって程ではないが、釣り辛いと感じる程。

なにより、たまに波が這いあがってくるから荷を置くポイント選びは慎重。

 

釣り始めは16時過ぎ。海水温は19.5℃、というよりほとんど20℃。

 

隣りの畑尻には釣り人はおらず、長根には複数人の釣り人が見える。

 

 

波というよりウネリが大きく、スズメのワンドも怒ったようにサラシてる。

 

 

 

とてもスズメの先端に立てる状況ではなく、風、しぶきを避けるように熱海側の面に立って釣り開始。

 

撒餌はオキアミ3圓肇▲潺┘2圈G杞膠造歪怯鹽螢織ぅ廚里發痢

 

釣り始めて直ぐにアタリがあり合わせると20兢しのカワハギだ。

腹はパンパンではなく、旬ではないのか?

 

 

足元に仕掛けを入れていくと付け餌がすぐに無くなる。

波が高いからハリスは一尋半と長く取って、ウキが大きく上下しても付け餌が躍ることがないようにしたから、エサトリのアタリが全く取れず、それでも不自然なウキの動きに合わせるとこいつ、スズメダイが掛かる。また、サラシの方へ仕掛けを入れるとフグ君。

波が強い日でもエサトリ君は元気だ。

しかし沖へ仕掛けを飛ばすと付け餌が残る。

 

 

今の時期、海藻が枯れるからだろう、岩から離れた海藻が塊となってあちこちに流れ藻となって流されている。

遠投し、うっかりしていると道糸にまとわりつき仕掛けを回収しようとすると、ウキの位置で引っかかってしまい、海藻ごと引き寄せることになる。

とてもロッドで抜き上げられるものではなく、タモアミでも掬える大きさではなく、手で道糸を持って抜き上げようとすると一度は藻の塊が大きすぎてもたついてしまい、フジツボに道糸が絡みつき高切れ。2度目は藻の重さ自体で道糸が切れるなどして貴重なウキを2個ロスト。

 

その後19時前に電気ウキに変更。

この頃、風は気にならないまでに静まるが、ウネリは相変わらず怖いほど。

しぶきを食らうことは覚悟し、雨具を着て先端に立つ。

結局10発くらいしぶきを食らった。

 

明確なアタリが出て合わせると、今度はネンブツダイ。夏が来たーって感じ。

ハタンポはまだ出ないが、その後も時々ネンブツダイが出るが、地獄というほどではなく散発的。付け餌が残ることも多い。

 

どこに打っても美味しい魚はかからない。

 

で、21時少し前に撒き餌完売。

ホッとする。

 

きっちり洗い物をして、パッキング。

脱出開始だ。

 

 

 

干潮時間に近づいているにも関わらず、うねりは相変わらずの大きさだから、波が通るところでは波は這いあがるから安全圏まではすっごく慎重。

 

車戻りは22時。他の車はとっくになく、ってことは夜釣りの成果はなかったか?

 

この時間だと伊東の温泉は終わってるし、持ってきた真水で頭から足先まで流して、まるで風呂上がりのようにさっぱりした気持ちで帰路に着いた。

 

予報だけど風予報は参考にしても、やはり、波高予報については大事を取った方がいいようだ。

せめて波が上がってくることがない磯に変更すべきだった。今回のような予報では、初めから計画変更すべきと感じた釣行だった。

 

それにしても釣れない。

 

来週は久々、碓井さん参戦で、峪に向かう予定。

峪のイワナに癒されて来よう。

 

川奈

2019年5月18日(土曜)

大潮(月齢13.2

釣り始めの海水温:19.5℃

干潮 10:21( 14cm

満潮  16:59(159cm

干潮 22:36( 69cm

 

 

コメント
もりっしーさん
どうぞ、よろしくお願いします。
また磯、岩場、山奥でお会いする、なんてことがあったら素敵ですね。
これからも、よろしくお願いします。
  • 管理人
  • 2019/05/21 10:03 PM
カルパッチョさん こんにちは。
ありがとうございます。そうです、しぞーか労山です。
私の方もカルパッチョさんのブログ、リンクさせていただきます。
もりっしーさん
ようこそおいでくださいました。
もりっしーさんのブログ「山のにほい、磯のかほり」は、僕が磯釣りに嵌った時から拝見していました。
同じ嗜好で遊んでおいでだと、自分に重ねていました。しっかりチェックさせていただいていました。
静岡労山に所属されていますか。
それにしても、もの凄い勢いで山に出かけておいでですね!!
こちらは、今は山屋廃業中ですが、やはりアルパインを実践しておいでの方達がどんなところに行って成果を上げておいでだろうって気になり、あちこちのHP、ブログのチェックは欠かしません。

そうですか。やはり5月のメジナは一服の時期ですね。
本当にそう感じています。

こうしてお訪ねいただいたことが嬉しいです。これからもカルパッチョの事、どうぞ、よろしくお願いします。
もりっしーさんのブログ、リンクさせていただきます。
  • 管理人
  • 2019/05/20 10:20 PM
カルパッチョさん
初めまして、もりっしーと言います。
伊豆での磯釣りにアルパインと、私と同じ趣味でいらっしゃることに惹かれ、お便りさせていただきました。
地磯釣行でカム使う釣り師は、そうそういないので(笑)

スズメはフナムシからよく見える地磯ですね。
私は今は、釣りよりも岩場ほほうがメインになってしまっていますが、たまに磯釣りに出かけるので参考にさせてください。
ちなみに5月って、メジナの乗っ込みの一服時期で、1年で一番メジナが釣れない時期ですね。
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM