うーん・・・釣れない・・

  • 2019.12.31 Tuesday
  • 08:40

JUGEMテーマ:磯釣り

 

2019年最後の釣行も結局釣れないまま幕を下ろした。

ボウズ・・・こんなこと、何度書いただろう・・

今シーズンから始めた石物釣り、今年最後のこの二日間で延べ11日目。

で、この二日間もボウズに終わった。

 

カルパッチョコンビの冬合宿(一日でも複数日でも、GW、盆休み、年末・年始の遊びは「合宿」なんだ。)は、年末28日、29日の二日間で計画。

 

行先は初日に西伊豆松崎の地磯「黒崎」。そうして合宿最終日は石廊崎の「崖下」。

どちらの磯も、既に慣れ親しんだ感あって、不安はなく、気持ちはまったり。

 

27日の出発は夜遅く、途中、いつもの真鶴の「あおき釣具店」でサザエを買って、河津から峠を越えて松崎の道の駅「花の三聖苑」に着いたのは、日付もとっくに変わって3時過ぎ。

ここで軽く入磯祝いをやって直ぐに寝落ち。

 

朝はゆっくり。

8時のアラームに起き出し、ゆっくり朝食だ。

 

 

釣りの最中に空腹感は感じたくないから、朝はいつだってお腹がいっぱいになるまでいただく。

今朝はクリスマスの残り物のビーフシチュー。

 

 

ここ三聖苑で用足し、片付け、また、すぐに磯に降りることができるように荷造りも済ませ、出発だ。

 

松崎の町を過ぎ、黒崎の降り口に着くまでにある幾つかの磯の降り口にはいずれも複数の車が止まっている。

だから黒崎も満車(って、3台分だけだけど)を覚悟した。石部港から歩くことを覚悟したけど着いてみると八王子ナンバーの車が1台止まっているだけ。

年末だし、もっと多くの釣り師が詰めかけているかと思ってたがラッキー!!

 

今回はロープを持参しなかったから慎重に崖を下って磯に降りてみると、当の八王子ナンバーのフカセ師が一人いるだけ。

 

釣果を問うと首を横に振って「ダメ・・」と一言。

 

天気はというと、出かける前の予報では晴れのはずが曇り基調。

ただ、風は強くはなく、釣りには全く支障なし。寒さもなく、いい感じ。

 

すぐに準備。

今回は石物仕掛けに加えて、先週買ったカゴ用のタックルを持参。

碓井さんは釣りをしないから、石物タックルは置き竿にして、カゴ用タックルは手持ち。

餌は、あおき釣具店で買ったサザエとキビナゴ、それからスーパーで買っておいたシーフードミックス。

何処かのブログでシーフードミックスで石物釣った記録を目にしたから、手持ちにして探るつもりだ。

 

釣り始めの海水温は、相変わらず高く20℃!

メジナには早く石鯛には、けっして遅いものではないはず・・

 

 

準備を済ませた頃小雨が降り始めた。でも、強まる様子はなく、降ったりやんだり。

 

置き竿の本命にはアタリがない。

手持ちの方はエサ取りのアタリが。

 

で、その正体はフグ君。

このフグの種類は知らないが20僂鯆兇─大きい。

 

 

 

その後も置き竿には明確なアタリはない時間が過ぎて行く。

不思議なことにサザエの固い赤身の部分まですっかりなくなることが続くようになった。

この状況は、たぶんだけど石物ではありえないし、ウツボでもないはず。

アタリを示さないままキレイに食われるとするとフグだろう。

彼らはホバリング状態のまま鋭い歯で少しずつ固い身を食いちぎっているんだろうって想像した。

 

そんなことで、1圓離汽競┐盍闇笋箸覆蝓⊇蘰は終了。

 

 

で、南伊豆への移動は僕も碓井さんも楽しみにしていた。

 

というのも、雲見まではこれまで壁を登るために何度もクライミングに来ている。

だけど、その先は走っていない。

つまり、雲見から石廊崎港の入り口までが僕たちの中では空白区間。

今日はこれからこの区間を走って、ひとまず下田まで行って、買い物、入浴、エサを買って石廊崎港で車中泊って、気持ち的にはワクワクと楽しい。

 

空白区間の走行は、はからずも日没間近。

だから、夕日が、本当に美しかった。

下の写真はまさに「夕日ケ丘展望台」から見た夕日。

素晴らしかった。命の選択ができたかな・・

 

 

その後、海岸線寄りの道を走って、ひとまず石廊崎港の入り口を通り過ぎ、先ずは弓ヶ浜の青木サザエ店で明日のサザエを2塲磴すんで、次に弓ヶ浜温泉にゆっくり浸かって、下田のマックスバリューで食材の買い出し。そうして石廊崎港で車中泊。

 

メニューは鶏肉のソテー(下田のマックスバリューではあいにく鶏のモモ肉はすっかり売り切れで、胸肉になったのが、ちょっと残念・・)とクリームシチューとペペロンチーノ。

で、なんと!碓井さんから、「明日もイシダイ君じゃあなく、他の魚君たちにサザエを食べられてしまうかもしれないし、私たちもご相伴にあずかるっていうのもいいわねー、つぼ焼きで・・。」ってことで、つぼ焼きー!!

明日は石物、獲りたい。

 

 

で、明けて合宿最終日・・って、二日目だけど。

昨日と打って変わって晴れ基調。ただ、風が強い。

時々、車が揺れる。

 

朝は前夜の残り物。

風が冷たいから車中でいただいて、出発。

 

湯の花には釣り人がいるんだろうけど上から見えず、敢えて降りて行かなければ確認ができない。

だけど、今日は「崖下」。

石廊崎灯台側から見下ろすと「崖下」にも「カベ」にも釣り師は入っていない。

よかった・・・

 

ここも慎重に降りて、すぐに準備。

 

昨日は二刀流だったけど、あれは良くない。

 

意外に忙しくて、一本に集中していないから、チャンスを逃すことはなくてもロッドに気が通わない。

だから、今日は石物仕掛け一本で行く。

 

 

ひとまず、碓井さんには海水温を測ってもらう(昨日同様20℃だ)。

 

早速、キャスト。

 

今日はロッド1本だからゆったり。

 

シギの仲間だろうか一群となって磯を凄いスピードと勢いで飛んでいく。海水面ぎりぎりだったり岩場をかすめるように飛んでいくが、海面にダイブするものも岩場に激突するものもなく、あっちへ行ったかと思うと、また飛来してくる。

 

 

今日は流石に、暇で、お茶の回数もおのずと増える。

風は強いがちょっとした窪みに収まれば日差しは暖かく、そんな中でいただくお抹茶も美味しい。

 

 

昨日と違って、ハリに付けたサザエがすっかり取られるようなことはない。

だから、フグなんかは居ないか、いたってサザエをツツきには来ていないようだ。

 

また、ガンガン当たることも時々あって、飽きは来ない。

ガンガンってあたってきたとき、向こう合わせを期待し、じっと我慢していると、アタリが遠のくことが続く。

アタリが遠のくってことはウツボではないような・・

竿先が海面に突き刺さるような本アタリはないが、それなりに強いアタリがあって、で、二度ほどアワセがうまくいき重さが乗ったが直ぐに外れた(アワセがうまくいったとは言わないか・・)。

 

そんなこんなで、チョッとエキサイティングな時間が続いた。

 

15時くらいまでそんな時間を過ごして納竿。

こうして今年の釣りを終えた。

 

考えたことは、

釣っているイシダイバリは大きいもので15号(具体的にはOWNERの「石鯛(手研)」)だが、サザエの身に隠れてしまっているから魚が折角くわえたとしても、ハリ掛かりしないのではないかということ。

 

途中から針先側にはナイフで切った細身の身を持ってくるように配置したが、その上側に重ねた大きい身がずれてきて、結局、ハリ先は固い身に埋もれてしまう、そんなことを想像した。

 

16時。

車に帰着し片付けている時、湯の花で釣っていたという若者が二人帰ってきた。

様子を問うと、4時に車を出発し、暗い中からフカセで釣り始めたが、結局、メジナは木っ端が1匹だけだったということ。

 

そんな状況だし、フカセは、まだ早いんだろうな。

 

新年釣り初めは3日を予定。

もう一度、「崖下」に下りてみよう。

イシダイバリはOWNERの「石鯛(手研)」17号で臨むことにしよう。

 

28日の潮(田子) 月齢1.9 中潮 釣り始めの海水温:20℃

満潮  7:04 153cm

干潮 12:14  89cm

満潮 17:47 167cm

 

29日の潮(南伊豆) 月齢2.9 中潮 釣り始めの海水温:20℃ 

満潮  7:52 150cm

干潮 13:01  92cm

満潮 18:18 151cm

 

コメント
ウスイさん
明けましておめでとうございます。
昨年は釣果としては冴えない一年でしたが、今年こそは・・・
早速、2日出発で3日は石廊崎へ出かけます。よろしくお付き合いください。
青木サザエ店は年中無休らしいです。
帰りにサザエを買っていきましょう。
  • 管理人
  • 2020/01/01 9:41 AM
あけましておめでとうございます!
余りに素晴らしい夕焼けを堪能し、戴くものも何と贅沢な!
サザエのつぼ焼き、って言葉では知ってたけど、初体験。贅沢させて頂いてます。

撮った写真を見て、深呼吸。
今年もよろしくお願い致します!!
  • ウスイ
  • 2020/01/01 9:28 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM