石物は出なかったけど

  • 2020.01.04 Saturday
  • 16:22

JUGEMテーマ:磯釣り

 

2020年を迎えました。

明けましておめでとうございます。

 

この一年、どんな遊びをやっていくのかはその時々にならなければわからないのですが、その時々を事故なく、怪我なく、楽しんで参ります。

どうか今年も「カルパッチョ」をよろしくお願いいたします。

 

昨年は、夏は嗜好が登山になったことで、まだ登ったことがなかった幾つかの山にも登りました。

峪のイワナは珍しく1回だけでした。

 

釣りの方は「石物」に目が行きました。

今回の石物釣行で延べ12日となります。

最適期に山に出かけたことで時期を逸したのかもしれませんが、12戦2勝(1枚でも獲れたら勝ちと考えています。)と、良いのか悪いのかわからないのですが、毎回が楽しかったから良しといたします。

 

今年の夏こそはもう少し結果を残したいです。

 

年末に鬼の霍乱、酷い腰痛に襲われました。

32年前に一度だけ魔女の一蹴りにやられたことがあります。

 

生まれたばかりの長女を抱き起そうとしてグキリとやってしまったのですが、それ以外、腰痛とは無縁でしたが、最近になって腰の筋肉が固くなっていることを感じていました。

立ったままズボンを履くとき、靴下を履くときに、そのことを強く感じるようになりました。

 

そんな状況が続いていましたが、突然、酷い腰痛に変化しました。

最も心配していたのが椎間板ヘルニア。

 

で、すぐに病院に行き、レントゲン写真を撮ってもらい、医師の診断を受けることで、腰痛が筋肉の硬直だけということが判明し、ほっとしました。

 

入浴後のストレッチと筋肉を柔らかくする薬が奏功し、今は完治とはいかないまでもほどほどに楽になり、年末、年始の釣行が実現しました。

 

さて、来週からはメジナのフカセ釣りに移行するつもりです。

 

ひとまず、年始最初の釣行の報告を。

 

延べ12日目となる石物釣行は1月2日の午後東京を出発。

行先は懲りずに石廊崎の地磯「崖下」

 

実は前回、前々回の釣行報告で、石廊崎の「カベ」に立ったと書いてきたが、どうやらこれは誤りで、正確には「崖下」の右端(上から見下ろして)に立ったようだ。

「カベ」は、さらに右側(西側)だった。

 

3日は西の風が強く吹き荒れる予報だったが「崖下」は風裏とまではいかずとも西風を上手くよけることができる。

 

覚悟していた石橋インターの合流点と真鶴駅前、熱海市内の渋滞はそれほどひどいものではなく、真鶴のあおき釣具店でサザエを買って、陽が落ちた頃、いつもの石廊崎港へ到着。

この時間に到着できたことで、気持ちはゆったり。

いつものメニューで宴会。

二人ともニンニク食いだからパスタにもどっさり投入。

 

 

石廊崎港でも風が強く、そのため車内での食事となる。

こんなだからFITの車内は、いつだってニンニク臭く、家族からは不評。

 

 

夜中は、車が揺れるほど風が強く、磯がどんなだか、ちょっと心配。

 

明けて3日。

朝は苦手だから、6時のアラームはスルー・・

結局、7時半過ぎに起き出し、卵サンドを作って、腹いっぱい頂く。

 

通いなれたジオパークへの登り道は回を重ねるごとに近く感じられ、すぐに地磯に到着。

 

風は予想通り西風強く、崖の上から「崖下」を覗き込んでいてもフッとあおられそうになる。

心配だった先行者は誰もおらず貸し切り状態。

 

慎重に降り、「崖下」の右端へ立ったのが10時少し前。

 

今回の釣行ではイシダイバリを17番にランクを上げて作ってきている。

また、あおき釣具店ではサザエを小さいものばかりを見繕ってもらってきた。

 

そんなこんなで、ハリ先はいい塩梅にサザエから出た状態で、食ってくれればハリ掛かりしないはずはないはずだ。

 

って、一投目からアタリが!

 

向こう合わせではなく、何度目かの大きなアタリに合わせを入れると上手くハリ掛かりした。

一瞬、重みがのってヤッターって喜んだのも束の間、ドヨンと重さだけで、暴れない。

直ぐにウツボだとわかる重さで、裏切られることなくウツボが上がってきた。

 

このウツボの後も1時間後にまたしてもデカいウツボ・・

 

イシダイはいないのか・・

 

 

その後、地元の方だろう、ブダイ釣り師が一人、またしばらくして3人のフカセ師が「崖下」へ下りてこられた。

 

ブダイ師はほどなくしてデカいブダイを1匹釣られた。

 

 

波・風とも午前中は西からのものだった。

しかし、正午頃になって風は頻繁に風向きを変えるようになり、西だったものが東から吹いたり北からだったりと安定しない。

 

初めは西風に合わせロッドを安定させるため右側から細紐で引っ張っていたが、午後になり定まらないようになったことで左側からもハリ綱を固定し、極力、ロッドの動きを抑えた。

 

 

午後になってアタリは遠ざかり、そんな時は暖かいお茶の時間。

 

碓井さんとのとりとめのない会話は楽しい。もちろんロッド先端の動きは注視したままだけど。

 

そんな時、これまでと変わらないアタリが。

半ば、またウツボだろうという気持ちもはどこかにあるが、それでもワクワクと大きな引き込みを待って合わせを入れると、イシダイではないがウツボの様に暴れないわけではない手ごたえが感じられ、上がってきたのは鮮やかな朱色をしたアカハタ。

 

まさか、アカハタが釣れるなんて、考えてもみなかったが、もしかするとこれまでの何回かの釣行で現れたアタリの幾つかは、もしかするとアカハタだったのかも。

 

 

13時を過ぎると波は西から南西の波に変わり、「崖下」に向かう形となってきた。

これにより足元に波が上がってくるようになった。

初めに単独のブダイ師が帰って行かれ、続くように3人組のフカセ師も磯を離れた。

 

こちらは釣り座を上げたものの風はますます強くなり、波・ウネリも大きくなってきたことで14時過ぎに納竿とする。

 

「崖下」右端のこの位置は、ちょっと難しいトラバースが入る。

手はガバだけど、スタンスの位置関係で被ったムーブが3歩続く。

だから荷を背負い、ロッドケースを持ってのトラバースはちょっと真面目。

二人ともこのトラバースを無事こなし、頼りない支点の木にFIXされたロープを本気で握らず、保険として辿り、上がり切った時、無事帰って来れたことで碓井さんと握手。

 

後は弓ヶ浜温泉に浸かって、小田原までの長い道のりを頑張ってステーキガストでいつもの馬鹿食い。

 

年末・年始の合宿はこれで終わり。

 

来週からはメジナのフカセ釣りです。

手始めに富戸のスズメに参りましょうか。

 

 

帰宅し、釣り上げたアカハタの大きさを測ると37僂らい。

 

こんな美味しい魚は石物の外道として、ウェルカムですね。

 

 

南伊豆
2020年1月3日(金曜日)の潮
釣り始めの海水温:18.5℃
小潮 月齢:7.9
干潮  3:49  59
満潮 10:58 132
干潮 17:32  82

コメント
そう、3連休なんです。金曜夜発で土、日。
よろしくお願いします。

ここ数日、テレビでは釣り番組が多くあり、そんなだから、あの釣りもやりたい、こんな釣りもやりたいって、気持ちがゆらゆらしています。
日曜は、きっちりスズメでフカセをやりますが、土曜は、もう少し、どんな釣りをするか考えます。

お話ししたシマノの季刊誌「Fishing Cafe」では、今回の冬号で開高健を特集しています。
持参しますので、楽しみにしていてください。

では、週末、よろしくお願いします。
  • 管理人
  • 2020/01/05 9:46 PM
ホント!3連休なんですね。
是非、よろしくお願い致します。
家にいると追われる雑用がそれなりに有り、ユッタリ出来るのは有り難い事です。
アカハタなんて初めて。ありがとうございます!
  • ウスイ
  • 2020/01/05 3:30 PM
ウスイさん
あらためて、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
■先ず、今度の週末は3連休でした。で、土日の二日間をもらいました。二日間、大丈夫?
■計画として、土曜は南伊豆、日曜に富戸のスズメを考えています。
■アカハタですが、昨日、煮付けでいただきました。美味しかったです。ウスイさんの分、きちんと煮付け用に取り分けています。今度、釣りに行くときにお渡ししますので楽しみにしててください。

明日から仕事・・・
1週間が長い・・
  • 管理人
  • 2020/01/05 2:51 PM
新年おめでとうございます。
またまた、お世話をお掛けしますが、今年もよろしくお願い致します。

昨年も、折々同伴させて頂き、ありがとうございました。あの時間の長閑さ・・・
のどか、も良いし、時々エキサイティング〜

あのアカハタ?きれいな色で感動。海の中にはあんなきれいな魚も居るんですね。中を覗いてみたい〜

次回はスズメ。ずいぶん久々〜
「釣り」って、つくづく難しいモノなんだって、段々実感し始めてます。
だから、面白い??
因果な遊びなんだなあ〜

戴いたサザエ、沢山ありがとうございました。
また今晩も頂戴します。中々うまく出せないので、まだ学習中ですが。
あんなに美味しいのに、石鯛は贅沢!
また次の季節、ですね。
  • ウスイ
  • 2020/01/05 9:59 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM