初めての伊豆富戸下磯「陸のシンノリ」でブダイ釣り

  • 2020.01.26 Sunday
  • 15:25

JUGEMテーマ:磯釣り

 

2020年1月25日(土曜)の釣行は伊豆富戸下磯に区分される「陸(おか)のシンノリ」。

初めて訪れるこの磯、ネットで調べるとロープを使えば下に降りることができるということで出かけてきた。

 

相棒の碓井さんは仕事が入り、不参加。単独の釣行となる。

で、結果は大きいブダイが2匹。

 

ここ最近まともに釣れていない。

普通に考えると、とっくに寒メジナシーズンに突入しているはずなのに、先々週の釣行では掌サイズすら顔を拝むことができなかった。ネットでは夜釣りはいい感じで出ているようだけど日中は不漁が続いているようだ。

 

そんなだし、だけど本当に美味しい魚を釣りたい。

何をするのかあれこれ考え、結論はブダイ。

 

これまでブダイは、メジナのフカセでたまたまかかったことが何回かあった。

また、ブダイを釣るつもりで出かけたのは確か2回だけど、目標通り釣れたのは1回、富戸のスズメ島で1匹獲れただけ。

 

そんなだから、今回釣るつもりで出かけるのに、頭の隅っこには釣れないんだろうなって、そんな思いが見え隠れしている。

本当ならホーム磯のスズメ島に立ちたかったんだけど、予報では午前中までナライの風が5〜6mの強さで吹くらしい。

なら、ビシャゴも考えたけど、ビシャゴから右に見える「陸のシンノリ」が気になっていて、ネットで調べるとロープを使えば「陸平根」側に降りることができるらしい。そうするとナライの風を避けながら、ゆっくり釣りができると考えた。

 

金曜前夜、10時過ぎに出発。

釣り餌は、先週の釣行の帰り道に伊東のイシグロでヒジキを買っているから、そのまま車中泊の常宿地としている富戸長根の降り口へ。1台車が止まっている。

軽く入磯祝いをして2時前には爆睡モード。

 

目覚ましは7時15分。

で、真面目に起き出し門脇崎灯台の駐車場へ移動。

 

天気予報では終日曇りのはず。だけど、朝食中に青空が少しずつ見えるようになり時々日差しも当たるようになる。

なんだかいい感じ。

 

ブダイ釣りはメジナのフカセ、石物釣りと比べて、背負う荷は軽く、楽ちん。

 

ひとまず朝食。

 

 

今朝は、自宅の夕食の残り物。

冷凍の白飯にハッシュドビーフと鶏のから揚げ。

ご飯は1合くらいあったが、胃腸の調子はすこぶる健全で、ぺろりと食べた。

緑の葉っぱは伊東のマックスバリューで買ってきた「ワサビ菜」。

ルーティーンとなっている釣りの後の温泉と夕食で入るステーキガストでの馬鹿食いはとても楽しみなんだけど、このステーキガストのサラダバーにある「ワサビ菜」がこれ。

 

で、味だけどワサビの葉っぱとは全くかけ離れてる。

どちらかというとクレソン。

そう、クレソンの味!

 

口に入れた感触、歯触りはもぞもぞでクレソンとも全く違うけど、がしがし噛んで口中に広がる味はクレソンだ。

 

 

で、食事中にイソヒヨドリ到来、って昨年まではイソヒヨドリ嬢だったけど、今朝は、なんとイソヒヨドリ君。

パンはないから飯粒を投げてやるとサッと近づいて咥え、飲み込んでいる。

 

 

ゆっくり朝食を楽しんで、9時丁度出発。

ビシャゴまでは通いなれた道。その先も一度、海洋公園まで足を運んでいるから勝手知ったる・・ほどではないが、不案内ではない。

ビシャゴのすぐ先は昨秋の台風19号により海岸線寄りの遊歩道はロープが掛けられ通行止めとなってるから右の遊歩道へ進み、途中に見つけた踏み跡へ入ると、ほぼほぼこのシンノリの道標がある付近に飛び出した。

この石柱から陸のシンノリまでは踏み跡程度。倒木も多く背中の荷物が引っ掛かり、ちょっと面倒。

 

 

釣り座へは「陸平根」側の松の木にロープをFIXし下降だ。

 

 

やはり、ロープは必要と感じる下降を済ませると、これまで立った磯の中でも最高と思われる釣り座があった。

 

最近、フカセ師が入った形跡があり、チョットした溜水が汚れているが、基本的に溜水は多くはなく、広く快適な釣り座と言える。

9時半のこの時間、向かいの陸平根には釣り師は見えない。ナライの風を避けて向こうにいるのかもしれない。

 

 

海底の地形は複雑なようで、仕掛けのウキ下の長さを決めるのに少し時間をくったが、10時に釣り開始。

ここは本当に快適でナライの風からは完璧に風裏。

 

雲量はさらに少なくなり5割。日差しも暖かだ。

すぐそこにあるシンノリ島の間の水道から仕掛けを入れ、風に流されるのか潮の流れなのか陸平根側に向かって仕掛けはゆっくり流される。

ウキは風で横になったり立ったりしていて、ブダイのアタリを取るのは難しいだろうと感じる。

 

暫くアタリはないが11時半を過ぎた時、ウキにこれまでと違った変化が。それはかすかな変化で、波でもなく風でもない変化が2度あって、それからゆっくりブダイウキが全長ゆっくり沈んだ。

ブダイウキと言っても超ロングなタイプではなく40冂度のものだから、全長が沈んでもオモリが底をスッたとか、ウネリの大きいのが来たとかって時もウキは沈むが、この時はちょっと違っている。

で、あわせるとズンと重さが乗った。初め根掛かりかと思うが直ぐにかすかにイヤイヤしているのが伝わり、糸を巻き上げると初めて引きを見せ、暴れるようになった。

ハリスは2.5号だからそれほど心配ではない。

餌はヒジキだし、ブダイ以外の外道はないはず。慎重にやり取りし、赤っぽい姿が見えた時に、ちょっとだけガッツポーズ。

それからタモ入れがうまくいって、大きくカッツポーズ。

 

獲れたブダイは幅も厚く40冂兇┐隼廚辰燭、帰宅し、測ると39僂世辰拭

 

 

で、例によって口中をチェック。

やはりひっそりと可愛いウオノエが一匹。見慣れると不気味さはなく、愛くるしい。

 

 

それから暫くアタリのない時間が続く。

お茶にしようと思ったが、あいにくライターを忘れた。

普段はライターは碓井さんが持っててくれるものだから、端から頭になかった。

ジェットボイルには着火装置が付いているものと付いていないものがあって、僕は節約のために付いていない方を買っているものだから、ライターを忘れるとティータイムはオアズケとなる。

 

で、12時半をまわった時、2匹目が出た。

このアタリも本当に微妙だった。

もしかしてアタってる?って感じで、今日のこの時までも、もしかするとそんな微妙なアタリはあったかもしれない。

 

このブダイは36僉F瑛佑防があって、同様に口中にウオノエを飼っている。

 

 

ウキについて。

考えるに、微妙なアタリを取るためには超ロングで、それなりに浮力があって、錘負荷も8号くらいで、これで少しくらいの風には斜めにならず直立状態をキープするようなウキが、ブダイの微妙なアタリを取るために必要なんだろうって思う。

 

そういえば、今朝、門脇駐車場のトイレから車に戻るとき、地元と思しきブダイ師が背負う背中のカゴに異様に長いウキが複数本入っていた。

あれくらいの長さがいいんだろう。

 

来週は、ひとまず、ここ「陸のシンノリ」でメジナのフカセをやってみるつもりだけど、そこでメジナが出なければ、帰りに伊東のイシグロによってイシグロ製の長いブダイウキを買っていくことにしよう。

 

なんにしても、今日、まぐれではなくきっちりと2匹獲れた、でなくて獲ったことが、凄く嬉しい。

 

石物釣り用に買っていたストリンガーが役に立ったことも嬉しい。

 

 

14時を回ると日差しも弱くなり、なんとなく釣れない感じになったから納竿とする。

 

後は、毘沙門天で湯に浸かり、厚木のガストで馬鹿食い。

いつものルーティーンを予定どおり済ませて帰宅。

 

で、久々に燃費ネタ。

今回の釣行は自宅を出発し、帰宅までの走行距離は273.5辧

で、メーターの燃費が27.3/ℓ。

実質の燃費はこれより1.5劼ら2匸な目だけど、25勸幣紊世ら大満足。ハイブリッドはいい!

車中泊も快適だし、FITでよかった!

 

 

で、帰宅し各々のブダイの口からウオノエ取り出し。

ダイオウグソクムシの仲間ということで美味しいのかも・・

油でカラリと揚げたら美味しいんだろうけど、この二匹だけのために調理も面倒だから、今度、もう少し獲れた時にチャレンジだ。

 

 

川奈の2020年1月25日(土曜)の潮

月齢:0.2

釣り始めの海水温:18℃

大潮

満潮  5:54 148cm

干潮  11:14   90cm

満潮  16:34  150cm

 

 

 

コメント
そうでしたか、残念。いってくれればよかったのに。
今度の週末は是非よろしくお願いします。

ウオノエ!
これまで3回くらい遭遇しています。最初は気味悪かったけど、ネットで調べると、人には無害だし、食ってもいい味がする?とかって書かれていて、今では愛着を感じています。
ネットでググるといろいろ情報を見ることができます。
是非、ご一読ください。百聞は一見にしかず。

寒いですね。風にはくれぐれも気を付けて。とりわけコロナには!

僕は、そろそろ花粉にやられてきています。
  • 管理人
  • 2020/01/26 8:14 PM
すご〜い!!
行けばヨカッタ!釣れるところを見たかった〜
仕事を頼まれてて、行けない〜って諦めてたけど、急に無くなって、、、

ウオノエって、何? おかしな魚〜初耳。
今週末は、よろしくお願いします。そしてまた釣り上げて下さい。
  • ウスイ
  • 2020/01/26 7:33 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM