真鶴のウシノクソが大変なことに

  • 2018.07.29 Sunday
  • 21:36

 

今朝起きて、前の書き込みをした直後、道路、海のライブカメラを検索してみた。

波高予報では、ウネリ、波とも高く、とても釣りになる状況ではなかったはずだが、伊豆、小田原、鎌倉方面の海岸のライブ映像では、意外にも釣りは成立しそうな状況に見て取れた。

この時点で、ダメ元で出かけることに決めた。

 

行先としては、ロープ不要な真鶴のウシノクソを候補に8時前には自宅を出発。

 

出発が遅いにもかかわらず、橋本五叉路、他の渋滞はなく、すんなり小田原厚木道路に乗れた。

 

小田原厚木道路終点手前から石橋インターまでは通行止めになっているが、下道に降り、石橋インター合流点までもすんなりだ。

 

海岸線に出て、波の状況を確認し、もし、やはり釣りができる状況でなかったら帰ればいいんだという気持ちだった。

だけど左車窓から見るゴロタ場の状況は、そんなにひどいものではなさそうだ。

 

石橋インターの少し先から、海岸線の国道は台風の影響で通行止めになっており、山側の迂回路を走らされる。

この道、熱海方面に向かう僕はいいとして、熱海側からの帰省車についてはとんでもない渋滞になっている。

 

普段、東伊豆方面の釣りの帰りでは、湯河原から間もなく真鶴駅前というところから山側へ左折し、ほぼほぼ石橋まで走れるこの迂回路は比較的頻繁に使ってきているが、確かに狭く、大型のすれ違いはかなり困難。

 

だから、今日の規制は片側交互で送り出すものになっている。そんな風だから熱海方面からの渋滞は尋常でなかった。

大袈裟でなく一度渋滞に入ってしまうと夜になってしまうと感じた。

 

今日、磯から上がって、もし、まだ規制が引かれてたとしたらターンパイクか箱根新道だなと思い、ひとまずウシノクソへ向かう。

 

雨は時々降ってくるが、雲が多いながら晴れ基調。

 

ここウシノクソは1度目は下見に、2度目は昨夏の夜に来ている。この時はエサトリばかりで、いい思いはできていない。

で、今回が3度目となる。

 

森の中にある広い駐車場で蚊の攻撃を受けながら準備を済ませ、歩き始めが11時前。

 

勝手知ったるってほどではないが3度目だから不安はない。

しかし、降りていくと、あるはずの磯際に設置されている長いアルミ梯子が・・ない。

 

いま、この書き込みをしながら観るとはなしに観ているテレビでは、小田原、湯河原、熱海の海岸線沿いの高波の被害状況を放映していて、そんな映像を観て、あらためて、なるほど、これほど酷かったのかと、あらためて知ることとなった。

 

10m以上の長さで固定されていた梯子は1枚だけアルミの踏み板を残して、すかっり消失しているが、太い麻ロープがぶら下がっていて、これを手掛かりになんとか磯に降りたつことができたが、帰りは背負子を背負ったままでは登れそうにない。

 

ロープもシュリンゲもビナもない。かなり苦労させられそうだ。

 

 

 

ルアー釣りの準備は簡単。すぐにキャストを始める。

波は思ったほどではなく、ライブカメラから想像した程度だ。ウネリも恐ろしいものではない。

時々でかいのが這いあがってくるが、高めの位置に場所をとって、ひたすら投げ続ける。

 

 

 

潮は白濁っぽいが、濁りが酷いというものではない。

三石が小さく見える。

 

 

 

で、海面はいつでも出て来そうないい感じだけど、ポッパー、ダイペン、メタルジグとあれこれ品を変え投げ続けるが全く生体反応がない。

 

14時になり、そろそろ潮時かと思っているとき、底を取ったメタルジグが根掛かりし、高切れ。

この時点でジエンドとする。

 

さて、帰りは背負い子を彼の麻紐の末端に結び、ゴムひもでバックアップをとり、ロッドは手にして、所々に仮置きしながら登る計画だ。

 

で、最初の5手がかなり難しく、右にあるロープの位置も悪く右手は半ゴボウ、左手はジャミングを時々入れながらボルダーチック。久々の無酸素運動となった。

ひとまず5m登って、態勢が不安定なまま背負子を上げ、背負うまでもかなり神経を使わされた。

かなり、難しかった。

 

今度来るときは登攀具一式は必携と感じた。

 

3度目となるウシノクソ。

いい思いをさせてはくれない・・

 

磯から上がり持ってきた水を頭からかぶり、汗を流し下着まで替えるとすっきり。

先ずはあおき釣具店を訪ね、梯子のことを伝えると、先日まではあったからやはり昨日の高波でもぎ取られたんだと若社長の談だった。

国道の規制はまだ解かれておらず、だから帰りはひとまず湯河原の町へ出て、箱根新道経由となったが、特段、渋滞もなく帰宅は18時前だった。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM